はじめに

このブログについての紹介およびお断りです。
最新の記事はこの記事の次に表示されています。

このブログは多趣味な管理人が書いているブログです。

1)カテゴリについて
 カテゴリは実車、データ集等のカテゴリに分けています。スペースが入っているカテゴリはその上のカテゴリの子カテゴリです。
実車:鉄道車両に関する話題です。
 データ集:模型作りに必要な鉄道車両のデータを入れる予定です。
模型:下の5分類に入らない(主に鉄道模型でない)物を入れています。製品レビューと加工記が一緒になっています。
 機関車・客車:機関車と客貨車の鉄道模型
 気動車:気動車の鉄道模型
 近郊・通勤形電車:近郊・通勤形電車の鉄道模型
 特急形電車:特急形電車の鉄道模型
 レイアウト:現在制作中のレイアウトについて
 ガンプラ:ガンダムのプラモデルの記録
旅行:旅行の記録。ただし、よく行く先(大阪、米子、岡山等)は他のカテゴリに入っている場合あり
日記帳:日々起きたことで書こうかなぁと思ったときに更新
自転車:所有している自転車とそれに関する話題
 1番機(元はつね1型):ビアンキ製DURA-ACEミニベロ(元ミニベロ9)関連
 2番機(はつね2型):タイレル製クロモリミニベロCX関連
 3番機(MTB1号):ビアンキ製マウンテンバイク関連
 4番機(はつね3型):ビアンキ製ロードバイク関連
 5-7番機:じて通用ミニベロ関連
 自転車ネタ:メンテナンスや自転車の交通ルール等の共通項目
お知らせ:この記事含めて告知事項。
若桜線SL遺産保存会:管理人が参加していた頃のモノです。
という分類分けをしています。

2)コメント・トラックバックについて
 コメントについては、お気軽にお使いください。模型制作についての質問やご意見等有れば是非。ただし、明らかに当ブログの趣旨と異なる場合は承認されず削除となることがあります。
 トラックバックについても、リンク先が当ブログの内容と根本的に異なると管理人が判断した場合承認いたしませんのであらかじめご承知ください。

3)その他
 記事全般はコピー不可です。事前の申し出がある場合は検討します。(要交渉ということでお願いします。)
 意見フォーム代用として問い合わせ等は「この記事」のコメント欄に非表示で書き込みお願いします。
 ※追ってgmailアドレスからの返答を送信致します。
 このお断り事項の運用は「この記事」の日付までとしていますが、変更もありますのでご了承ください。
 旧ブログは2013年4月末に完全閉鎖しました。

(2013年3月改訂)
 旧ブログ閉鎖についてなどを記入
(2014年3月改訂)
 意見フォームの代用方法について変更
(2014年4月追加)
 若桜線SL遺産保存会カテゴリ追加
(2015年4月追加)
 自転車カテゴリの追加修正
(2016年4月修正)
 自転車カテゴリの追加修正

まさかの復帰劇

 学生時代に圧倒的な走行性能で私の通学を支えていた2番機「はつね2型」ですが、就職後はいわゆる「保留車」状態となり実家で放置されていました。が、しかし今年春から臨時用車両として復帰しました。4月から通勤運用の晴天時の代走から運用を開始して5月には航空祭の下見へ出動したりと以前と比べれば走行距離は少ないですが再び活躍しています。

 復帰に際して、さすがにまずい箇所は改めました。
タイレル復帰改造2017
というのはチェーンリングの交換です。アルテグラ6700のチェーンリングのままだと、通勤時に裾バンドがずれた時に悲劇が起きる問題があるためやむなく105(5700)のチェーンリングにチェーンガードという組み合わせで多少ガードする構造に改めています。

 高性能なのは相変わらずなので通勤で使えば所要時間がかなり短縮されるのですが、天気が良いからと言って連続で運用していると夕飯の買い出しで駐輪に困るというオチがつきます。(笑)

結局編成になりました。

先月から製作を開始したキハ183N系おおぞら号ですが、編成化する必要が生じたためキハ183-500、キハ183-1500、キハ182-500を「とかち色」で作成することにしました。結果としておおぞら号風の編成で
←(釧路)
[キハ183-1500(とかち)+キハ182-500(とかち)+キロ182-500(ラベンダーキロ)+キハ183-500(HET)]+キハ184(HET)+キハ183-500(とかち)]
という予定で作成しています。

この3連休でかなり進捗しまして、
キハ183塗色変更2017①

HET色の方はあとはレタリング関係のみ、とかち色は先頭車の乗務員室直後の薄いブラウンの細工とキロ車の屋根再塗装くらいと完成度70%位かと思っております。

作っている張本人が言うのかと思われそうですが、キハ183-500は相棒とも言えるキハ184の廃車後は基本的に下写真の様な状態での運用法が圧倒的に多いというなんとも寂しいものです。
キハ183-219+キハ183-500のサロベツ

なかなか悩ましいものです。

フラグ回収の製作記

 5年前、今思えばフラグとしか思えないコメントを残しておりました。(当時の記事)当時、キハ183-500とキハ184の組み合わせは切り接ぎ作業必須(キハ183-500)や種車高騰(キハ184)という壁がありましたが、昨年キハ183-500を含むおおぞらセットが発売されたので塗り替え(一部除く)で可能です。

 で、早速塗り替えにかかりました。
キハ183-500おおぞら

今日は下地処理と材料チェックを済ませました。今回は2012年製作分の差し替えや増結用のつもりですので、
キハ183-500・キハ184:HET色
キロ182-500:HET色(ただし青色部がラベンダー色)
というパターンで行くつもりでいます。とかち色は今回は設定していませんがキハ182ー512を作りたいです。(末期の北斗6号に意地でもしたいようです。)

 進捗しましたら更新します。

ついに噴火湾ブルーになりました。

 管理人のここ数年よく行く旅行先と言えば、北海道です。理由としては長距離ディーゼル特急が走っているという事につきます。その中でも札幌~函館の北斗号にはよく乗っていました。

 この春、TOMIXから改良版が発売されたので買ってみました。
キハ183N系北斗
以前からTOMIXで発売されて居ましたが、色が何となく薄いオホーツクやサロベツ向けの苗穂工場出場車を思わせる青紫色でした。
キハ183-4550@函館駅
やっぱり、北斗と言えば、こういう感じです。

 ※たまにはNゲージもやっています。
プロフィール

工場長?

Author:工場長?
鳥取総合車両所にようこそ!
完全に一個人がやっている気分転換の記録です。

模型製作有り、実車撮影有り、サイクリング有りで気ままに書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる